HOME > インターネットでの通信販売 > 電子商取引という通信販売

電子商取引という通信販売

電子商取引は、インターネットを使ったり、取引先の業者が自身でネットワークを構築して相手と取引を行い、コンピュータという電子的なやり取りを行ってインターネットの上で販売、買取を行なったりサービスを行う方法の事を言い、eコマースやイートレードなどが代表に挙げられます。またこれらは通信販売の一種でもあります。

以前は電子商取引というと、一定のインターネットの扱いに長けている企業間の取引にて、使われる電子データの交換のみで、特に銀行同士のの電子資金の移動ということがほとんどでした。ですが、インターネットの普及、発達、進歩によって他の企業、インターネットに強い人たちによって行われる企業と消費者、消費者同士の取引にて見られる方法になってきたり、インターネットオークションを使って消費者同士の取引などが行われるようになってきています。

日本では特定商取引に関する法律として通信販売に関係する法律が建てられています。インターネットによる通信販売もこれに含まれていて、一般の人たちや業者からの商品を買ったりする取引に関して決められた法律です。

電子商取引のメリットというと売る人にとっては、他の通信販売のメリットと同じように、現実に目の前にお店を建てるということがないのでその分の費用が減らせます。持っている準備金が少なくても行える方法です。地域や土地、風習に不便、需要がないと思われるところでも、国内の人たちに向けて販売を行うだけでなく、世界の人たちに販売をしていくことができます。販売相手を選ぶ必要がないです。また現実に建てたお店がインターネットを利用することで、シナジー効果となり売上があがるという場合もあります。

商品を買う人のメリットとしては、いろいろな通信販売の中でも同じくらい安く販売しているので、手軽で安く商品を購入したりすることができます。これは売る人のメリットで挙げられるお店の運営していくための資金をできるだけ使わずにすむことや、流通に関係する使用金を安く済ませるということで、可能となっています。他にも商品の販売価格や品質、性能などのありとあらゆる知りえる事が様々で量も多く、中でも商品を選んでいくのにじっくりと考えて行うことができて、支払いにおいて時間や場所などをその場で一緒に行うことができます。また価格比較サイトや製品比較サイトなど買う人、欲しい商品がある人にありがたい情報を手に入れることができて、その環境についても日々進化、成長しています。

電子商取引で問題視されていることは、ひとつにインターネット回線の問題があります。電話やFAXなどの通信方法で行うことと違って、インターネット回線を利用すると、オープンネットワークというインターネットで挙げられる特性が、企業間、一般の人たち、それぞれのやりとりの中で、安全性が低くなったり消費者の個人データやクレジットデータなどの個人情報漏えいに対して消費者保護といった対策を行わないといけないということです。

この他にも問題として挙げられるのは、インタ−ネットの電子的な上の問題で、利益を上げるための仲介を行うものが必要に出てきたことです。これは電子商取引に関わるサイトが利益増加のために導入を行なってきているアフェリエイトサービスが挙げられます。さらに法的な問題もあります。フィッシング詐欺と呼ばれる販売サイトと見せかけて個人データやクレジットデータをだまし取る方法で、インターネットならではの詐欺があったりして、こういったことをなくすために利用者の本人が注意を行うことも必要で、例えば法の遵守を定めた規制事項を持っている業界団体への加盟を示したマークであるJADMAマークの確認などをしていくことが大切です。

このページの先頭へ

HOME > インターネットでの通信販売 > 電子商取引という通信販売