HOME > インターネットでの通信販売 > 現在までの電子マネーの普及

現在までの電子マネーの普及

電子マネーが、ここまで様々な人に使われるようになってきたのは、インターネットを利用した支払いの方法として、銀行振込を行なったり、クレジットカードで支払いを行えるようにした技術が進歩し、行えるようになってきていたので、それに伴いインターネットに特徴を見出したICカードの技術が進歩したり、それによる問題点を克服して利用しやすくなったたり、それらの技術の進歩が行われてきたことがひとつに挙げられます。ですので今まで電子的に支払う手段というものがなくて普及してきたというよりも、利便性や問題解決による技術の進歩があったからこそとといえます。

電子マネーが使われる前は、クレジットカードを扱えるのは百貨店や大型スーパーなどの大手の会社の一部だけであり、クレジットカードでの支払いをするときも署名が必要だったりして使用するには難義な面も有りました。さらにインターネットショッピングでは、カード番号をネットワークを通して売り手に教える必要があったので、その際に盗聴による情報の漏えいや売る側がクレジットカード情報を勝手に使用するという心配もありました。また、振込においては口座番号だけで決済を行うので、勝手に使われる可能性はないものの、小売店などでこの支払い方法が使えない場合が多く、行えても振込確認のひつようがあったので難義な面も有りました。

注目情報一覧
http://orikomio.jp/flyer/SearchStoreDetail_brandId-anckita1_storeId-4005.html

1990年代からは仮想的にネット上に貯められたお金での売買のやり取りをインターネット等のネット通信販売で、決済手段のひとつとして行われていくようになってきました。現実のお店などでそういったお金を使用することはできませんが、簡単に取引が行える面やプラットホームにこだわらないという利便性があったので現在においても、インターネットでの電子マネー決済を行う場合に、こういった仮想的にネットに貯められたお金を使う場合も多いです。

http://www.felissimo.co.jp/contents/syugei/amimono/
こちらのサイトは≪編み物≫について、私がよく見るサイトです

2000年になってICカードのなかでも、非接触型のICカードの技術を使用することのできるお店が増えてきて、自動販売機やインターネット通信販売でもしようができるようになってきました。これはEdyやSuicaなどで、のちのちにはPASMOやWAON、nanacoというものが使用できるようになって電子マネーの流通は広がりを一気に増して行きました。
このPASMOやWAON、nanacoなどはFelicaという技術が使用されていて、おサイフ携帯と言われるなじみのものでは、その中のいくつかのICカードで何らかのアプリケーションを使うことで設定の切り替えなどが行えるようになっていたりして利用しやすくなったりしています。こういった技術の進歩で、おサイフ携帯の機能やFelicaリーダー付きのパソコンが増えてきており、ネット上で貯められた仮想的なお金を利用してインターネットでの支払いに、簡単に利用されるようになっていきました。

技術的には、ICカードという、実際はカードタイプ以外にもおサイフ携帯やキーホルダーのような小さな個体なども含めて、こういったIC利用の端末を利用していくことで、さらにそれらの暗号技術の進歩、進化がおこなわれ、貨幣価値に対する捏造や偽造、複製や窃盗などの恐れから逃れるらるようになりました。
こういったものの進歩は今までのインターネットにおける支払い方法の問題点を解消して、より利用しやすくなり、更にインターネット上で、または現実における支払いも、紙幣、硬貨の変わりに使用ができる支払い方法となりました。結果的には利用する人にとって、わざわざ移動したり、情報を入力、伝えたりすることなく簡単に利用できたり、より電子的なものの利用にたいする発展を促す事になりました。

このページの先頭へ

HOME > インターネットでの通信販売 > 現在までの電子マネーの普及