HOME > インターネットでの通信販売 > クレジットカードでの決済

クレジットカードでの決済

クレジットカードを使用した時の安全性がどのように確保されているのかということは、なかなかわからない場合が多いです。クレジットカードを使用することに抵抗がある人は、クレジットカードを使用して、番号が盗まれて不正使用されないかどうかという心配のある人や、暗証番号がなくカード番号と有効期限で行うことへの安全性はあるのか、カード決済ということで危険性のあるイメージを持っている方もいます。

カード決済というのは、購入者の信用に応じてVISAやマスターというカード会社がその購入者に対して信用保証をするというものなので、実際購入する方は、商品の到着後の後払いでの商品購入を行うことができて、販売する方は、安心できる信用できるお客様に販売するといった状態なので、カードを使用するということは両者の信用が成り立った上での決算となります。
デビット決算の様に即引き落としというわけではないことから、オンラインでの決算やお店での決算に関係なく、このカード決済時に暗証番号は使わないでもカードの提示で本人とわかるようになっています。ICカードでのカード決算ができる環境が普及すれば安全性も高まると言われています。

仮にカードを悪用、犯罪に使われたとされた場合ですが、例えば身に覚えのない請求などが、カード会社からの請求書をみて発覚した場合はカード会社に異議を申し出なければいけもらいません。キチンとクレームをカード会社に請求することで、調査を行なって事実確認をすることで、請求額がそのまま引き落とされることがないです。どういった請求がされたとしても、それを購入した事実がなければ支払う必要は全くない事を自信をもって伝えることが重要です。

カード被害において保証の基準は、カード会社と会員規約によって、通常は会員の故意または重大な過失があった場合は保証されないとされてますが、信頼するオンラインショッピングで普通に買い物を行うことはカード管理上の責任として問われる事はないということです。
安全にカードを利用する際に必要になるのは、オンラインでのカード利用が危険と認識しているのではなく、安全性を確保していないお店にカード情報を渡すのは危ないという認識を持っていることです。そういった認識の下利用することで自己防衛という形で安全性を高められます。

安全性を確保していないお店というのは、例えばSSL暗号の画面以外でカード番号を入力する場合、こういったSSLで守られていないがめんやメールでカード番号を伝えるといった危険性のある業者もいるので注意が必要です。またカード情報をお店が持つような状況にならないようにすることが必要です。先程のようにメールで教えてもらうといった場合やFAXや電話でお知らせすることで安心です、一度入力すれば二度目以降入力の手間が省けます、といった文句を言うお店は危険ということです。カード番号というのは情報を適切に管理を行うことができる決算専門の人が持つというのが基本です。クレジット代行会社のSSLで守られているセキュアサーバーでカード入力をして送信するといった、販売業者にカード情報が一切行き渡らない方法をとっているところだけを利用することが重要となります。

ネットのチラシはオリコミーオ!
http://orikomio.jp/flyer/SearchStoreDetail_brandId-ancbaigo_storeId-12153.html

このページの先頭へ

HOME > インターネットでの通信販売 > クレジットカードでの決済