HOME > インターネットでの通信販売 > 電子マネーの利用

電子マネーの利用

インターネットで商品を購入する場合に、電子マネーを使用して支払うことのできる場合があります。利用できる場合はその記載がなされているので、利用したい場合は、その可否を確認してから商品の検索を行なっていくとよいです。

電子マネーは、情報通信技術を利用して、企業から提供される決済を行うことです。法的に認められた通貨や貨幣のそのものではありません。貨幣経済において実際、貨幣と商品のやりとりを行なっていた状態を、電子的なデータ、データ通信によって決算を行うことです。そういった意味では電子的な電信で実質的な市場経済が動いている状態というのも一種の電子マネー化とも考えられますが、一般的に電子マネーというものは、決済手段が端末の販売業者とその購入者という位置において行われる事を示しています。

電子マネ―決済の実現方法にいくつかの方法があります、まずオンライン方式とよばれるものですが、これは金融機関やクレジットカード会社、電子マネー関連のサービス会社のホストコンピュータ、小売業者の決算要端末においてオンライン接続を行い決算を行う方法です。この方式の場合、クレジットカードとこのことが似ているために、今のインフラを参考にして流用しやすいというメリットがあります。

オフライン方式と呼ばれる方法もあります。実際のお金を電子化という、情報機器や記憶媒体に置き換えるもので磁気カードやICカードに収さめて、お店で商品を購入する際に端末にかざしたり、機械にカードを通したりしてオフラインで決算を行う方式です。この場合は、セキュリティ面で非接触型ICカードのものが多いです。

仮想マネーという方式もあります。仮想クーポンという形でコンピュータのネットワーク間の取引だけで利用できる方法です。基本的にはサービス会社のインターネット上のサーバと、利用者のパソコンの間においてIDやパスワードなどによって管理された電子マネーのやりとりです。

現在はいろいろな電子マネーの形が実際に行われて取引が行われていますが、それらの殆どは互換性が低くて、電子的な商品券というようなイメージで扱われている場合が多いです。これは企業間のシェア、顧客の囲い込みの争いが行われていることが言えます。その他にもコンピュータのセキュリティとしての問題もあります。よって他社の間で電子マネーが流れることはあまり流通していないです。よって、それぞれの電子マネーはその提供している各会社、小売業者で利用することが可能です。

電子マネーを使えるのは紙幣や貨幣を支払う、もっている煩わしさを解消する目的もあって、支払う消費者とお店側の店員の金銭授受の緊迫感を解消します。そのうえ決算において、速さと、確実性を上げることができます。またプリペイドカードやキャッシュカードと連携していたり、携帯機器でも利用ができる場合もあります。そのことで家計自体を一括に管理を行うことができるようになってきています。これはインターネットでも使用ができるようになって来ていているので、これによってひったくりという犯罪で紙幣や貨幣などのお金を盗られる犯罪を少なくできると考えられています。また、認証手段を用いることで紛失したときに、経済的損失を防止できる効果もあります。FeliCaというものでは電子マネー機能を提供している機器に相乗りさせてポイントサービスを行うといった、他のサービス提供もしている場合があったりして、応用していく分野にもこれから増えていくものがあると期待がされているようです。

このページの先頭へ

HOME > インターネットでの通信販売 > 電子マネーの利用