HOME > インターネットでの通信販売 > インターネットのショップサイト

インターネットのショップサイト

インターネットのショッピングサイトのなかでも、いろいろなお店が入っているショッピングモールのような感じのショッピングサイトがあります。このようなサイトをショッピングモールサイトと呼ばれたりしています。

このようなショッピングモールサイトは、検索機能を用いてショッピングモールサイト内の商品を見つけ出す、探していくことができます。ショッピングモールサイト内のお気に入りのショップがある場合には、そのショップが販売しているもののラインナップに掲載商品を狭めて見ていくことも可能です。また同じ商品でショッピングモールサイト内にいくつかのショップで取り扱いがされていれば、価格の比較などもそのまますることができて比較がしやすいです。これはショッピンモールサイトならではの利点です。

人気ページ
http://orikomio.jp/flyer/SearchStoreDetail_brandId-ancbaigo_storeId-12153.html

有名どころのショッピンモールサイトというと、楽天市場やYahoo!!ショッピング、Amazon、ビッターズ、ストアミックスなどが挙げられます。こういった様々なジャンルで多種多様な商品を取り扱っているショッピングモールサイトもありますが、ある特定のジャンルに特化してその中でも各ショップを合わせてショッピングモールサイト化しているところもあります。
特質したジャンルのショッピングモールサイトとしては、音楽総合サイトのアップル社が提供しているiTunesStoreやソニー社が提供しているmoraなどが挙げられますし、ファッション業界で言えばZOZOTOWNなどのショップが集まったファッションサイトもあります。

ネットのチラシはオリコミーオ!
http://orikomio.jp/flyer/SearchStoreDetail_brandId-ancseims_storeId-11960.html

今現在ではインターネットで買えないものはないと言われるほど多種多様なものを販売し購入することができますので、検索をすればいろいろなものが販売していることが分かります。なかには気にも止めなかった面白いものもあるかもしれません。

インターネットの商品を購入するサイトの中にはオークションサイトと呼ばれるものもあります。インターネットでオークションができるということで、通信販売としての幅が格段に広がっているように感じます。これは販売店と購入者の境目がなくなってきていることが見て取れます。販売店だけが商品を展開して売っていくのではなく。オークションが出来たことで消費者が個人でオークションに品を出してオークションとして販売していくことができるようになりました。そういった意味で販売店と購入者の境目がなくなってきています。
ひとくちにオークションと言っても、現実にある会場に出向いて行うオークションとインターネットオークションでは似ているところもあれば異なるところもあります。期間、時間という観点から見ていくと現実に行われるオークションでは、どんどん商品を回していくのでひと商品にかけるオークション取り扱い売買の時間はほんの数分です。出品と同時に札をあげたりして金額を提示し、各オークショニアの手によって進行していき最高落札額を提示した時点で入札が決まります。これが数分の時間に行われます。インターネットオークションの場合は、一週間位の長い期間を用いてひと商品についてオークションが行われます。その期間があることでいろんな方が目を通すきっかけとなります。期間についてはオークションサイトによって変わったり、自分で指定できる場合もあります。

主なオークションサイトとしては、最大手にYahoo!!オークションというオークションサイトや楽天オークション、ビッターズなどショッピングモールサイトとしても運営している所が主です。他にもMSNオークションやniftyオークションなどが挙げられます。

このページの先頭へ

HOME > インターネットでの通信販売 > インターネットのショップサイト