HOME > 通信販売のメリットやデメリット

通信販売のメリットやデメリット

通信販売ののメリットとして挙げられるのが、24時間利用ができるということです。毎日忙しい会社員は、仕事が終わった後などに空いているという店は限られていたりしますし、たまの休日に出かけるというのも難しい場合があります。ちょっとした休憩時間に利用できるのも24時間商品の購入ができるメリットです。

人気情報
http://orikomio.jp/flyer/SearchStoreDetail_brandId-ancsugiy_storeId-2810.html

商品の種類、量などが豊富なのも通信販売ではメリットのひとつです。現代においては、電化製品や食品、家具、ファッション関係などの通信販売はもちろんのこと、自動車やバイクなどの商品も通信販売で購入することができます。また限られた量で販売しているケースもありますが、比較的常に流通しているしているものであれば、量の限りなく購入することができます。

他には安い金額で購入できるというのも挙げられます。基本的にはお店で販売している金額と同等の金額で販売されていますが、個々のお店で仕入れを行なったり、運搬の費用などがなく、大量仕入れでお店も安価で売りやすいという場合があるので、実際はお店で販売するよりも安価で購入できるケースも多いです。

通信販売の基本とも言うべき、お店に実際にいかなくても自宅でも、どこでも購入できて、商品をお店に取りにいかなくても自宅に商品が届けてくれる、というのもメリットの一つです。購入の際には行っている時間がなかったり、営業時間が過ぎていたり、近くに目的の商品を販売しているお店がない場合。病気などをしてなかなか家から出られない時など、家にいながら商品を購入、手にすることができるので通信販売は便利です。

店員さんと顔を合わすことがないというのも、人によってはメリットとなったりします。対面が苦手な人や、過度の接客を受けることがないので、自分のペースで商品を探して購入することができます。他にも下着や服といった個人の個性が出たりするものに関しても見られることがないので気楽に購入をすることができます。

ポイントが付くケースがあるというのは、特にインターネットの販売では多く使われています。個人的なお店だけでなく、総合的な品揃えのあるところではポイントシステムを使っているところも多くて、ポイントでさらに商品を購入、値引きができたりもします。

通信販売のデメリットとしてあげられるものには、送料や何からの手数料がかかる場合にこれを考慮して購入しないといけないということが挙げられます。実際の商品の金額はお店と同等、それよりも低い場合でも手数料がかかることで、お店で買うのと同じくらいになったり、かえって高くなったりする場合もあります。

注文した後から、商品が届くまでに時間がかかるということもあります。お店で購入すれば自分でそのまま持ち帰ってすぐに商品を手にすることができますが、通信販売では購入後、先払いの場合は、支払いに行く手間があったり、更に支払いが完了してから販売業者がそれを確認して、やっと商品が発送されるので時間がかかったり、そもそも商品が置かれている場所が、自宅から遠くの、県をまたいだりあるいは海外からの配達だと運んでくるのに時間がかかったりします。

購入する販売業者の信頼度を考えておかなければいけないのもデメリットのひとつです。代金を支払っても送られてこない詐欺や全く別の商品が届くといったケースなど様問題があったりします。基本的に違うものが届くといった場合は、業者側のミスの場合が多いので違うと思ったら、もし箱を開けたりしていないのであればそのまま商品に手を付けないで連絡をして取り替えて貰えば大丈夫です。下手に手を付けると更に問題が起きたりしてトラブルの原因になります。

商品を直に見たり触ったりできないのもデメリットです。写真や詳細なデータが書いてあっても実際手にしてみるとイメージが違ったり、サイズ感が違ったりする場合があります。

このページの先頭へ

HOME > 通信販売のメリットやデメリット