HOME > 通信販売のメリットやデメリット > クーリングオフをする

クーリングオフをする

クーリングオフというものは、基本的に思ってもいないときなどに既に商品を買ってしまっている。といった印象の状況によって購入せざるを得なくなった時、買う人を守るために定められた制度の事で、買う人に対してその状況による必要性がないと見られた場合には、クーリングオフが適用されない事が多いです。
自分からお店に直接買いに行く、雑誌をみて購入する。などのキチンと判断して購入者が買ったと判断されるようなときは、購入者に対しての法律で保護しなければいけないという状況としては見られないので、クーリングオフが適用されないということです。

通信販売の場合はインターネットのホームページ、テレビ、雑誌、広告などで提供してある商品に対して、電話やFAX、メールを使って購入しますが、こういったネットショッピング、テレビショッピング、ネットオークションなど通信販売のなかで、電話での販売で購入した状況以外は、クーリングオフ制度を法律上使用することは出来ない、存在しないといった状態ですので、業者は自主的にクーリングオフのような事を行なっていて、返品に応じたりしています。

通信販売において消費者が品物を購入する際には、お店に行かずに商品を購入できるというメリットの半面、実際に手にとって商品をしな定めしないというリスクに関しては自己責任扱いとされてしまうので、商品が届いたあとにイメージと違うとか気が変わったから返品したいという願いは叶えられないのです。そのため購入する際には、返品が可能なのかどうかも確認したり、どういう場合に返品が可能なのか、その方法なども確認しておくと安心です。

ニコンダイレクト
http://shop.nikon-image.com/

各業者はそういった返品、クーリングオフを行うかどうかは、業者にどちらでも選んで営業することができるので、それを行なっているところとそうでないところがあります。クーリングオフや返品対応を行なっているところでも、基本的には購入して返品をお願いする人が送料などを負担する場合が多いです。またクーリングオフなどをしていない業者に対しては、商品が発送される前の段階であれば、その状況で連絡して注文を取消ししてもらったり、商品が発送済みで、商品が手に届いた後は開封前、未使用な状態であれば、こちらから連絡をして返品のお願いをします。その際は送料の負担やある程度のキャンセル料の様な金額の支払い、他のものとの交換などで交渉して行えば、商品の返品に応じてくれるかもしれません。

仮に届いた商品が、申し込んだものとは違うもの、破損していたり、入っているはずのものがなかったり、キチンと動かない故障品などだったり、広告載っているもの、情報とは違うものが届いた場合は、クーリングオフとは関係ない問題点なので、返品や交換の請求、修理の代金請求、契約自体の解除などを行うことができるので、業者と交渉して問題を解決していきます。

仮に個人でネットオークションに出品する時、個人が自分の持ち物をオークションに出品して販売することについて、何度も、様々なもの、連続して販売したりするということがないのであれば特定商取引法に当たるものはないです。ですので個人でネットオークションを行うことに関しては、その時についてクーリングオフ制度の適用がなく、返品特約に関する表示も必要がないです。

ですが、確実な営利目的、いわゆる反復、継続してオークションを行う、行なっているという事がわかるような場合には、特定商取引法のなかの販売業者として取り扱われてしまうので、個人で行なっていても、販売業者として規制の対象になり、その対象としての表示義務が生じてきます。返品特約についても表示義務があります。

このページの先頭へ

HOME > 通信販売のメリットやデメリット > クーリングオフをする