HOME > 通信販売のメリットやデメリット > 生コマーシャルとは

生コマーシャル

生コマーシャルというのは、生CMや生コマなどとも呼ばれたりしますが、テレビ、ラジオ番組のスポンサー企業の短時間の情報を伝える事を生放送で行うものです。普通のコマーシャルとの違いは放送方法で、事前にビデオ収録されたコメントやコンピューターグラフィックを使っている放送でも、生放送中にスタジオ副調整室から放送を再生している場合には生コマーシャルと呼ばれています。反対に普通のコマーシャルというと、テレビ放送局内のビデオサーバーから再生送出が行われています。よって生コマーシャルは録画機能のデッキでCMスキップ機能を使っていても、それを認識できずに録画してしまう傾向があるようです。コマーシャル内においても画面右上にテレビ局のロゴなどは表示されたままになっています。

特徴としては通常のコマーシャルが15秒や30秒で商品の説明やイメージを伝え繰り返し放送されるもので、会社名や商品名の認知度を上げるために放送していることが多いです。ターゲットも幅広い層をねらったものがおおいです。生コマーシャルになると、番組内にて時間帯別の視聴者層を把握しやすいので、60秒から120秒などの長めで季節感のあるものや時事を取り入れたイメージの商品、会社の紹介を行なった感じになり、商品の特徴やコンセプトを直接伝えるような内容になっている場合が多いです。コマーシャルは何度も放送されますが、生コマーシャルは一度しか放送されされないという場合が基本ですので、時間内で情報をキチンと伝えるために、台本、フリップボード、テロップなど文字情報の正確性も求められ、専門的な知識がや経験が必要なものでもあります。

現在では、以前よりも生コマーシャルも比較的に減ってきていて、それ用の台本を作ることができる、コピーライターの数も数えるほどといった現状で、最近では稀に視聴者に伝えきれていない生コマーシャルもあるようです。また反対に普通のコマーシャルでも30秒の枠で商品の説明、コンセプトなどを説明するような生CMに近いものが制作されている場合もあります。例えば小林製薬の様なCMがその例の場合です。

テレビの生コマーシャルの放送当初は、1社提供番組としていたことが多かったために、番組内でコマーシャルの専属のタレントやその番組に出演しているタレントが、スポンサー企業の商品に説明を立てたり、実際に使用して演じてみたりして紹介を行なっていました。その中でも多くは家電製品の企業で、有名なところで言えば松下電器産業という今ではパナソニックとなっている所、東芝や日立製作所などがあります。少し変わったケースというと、日本プロレス中継においてインターバル中に三菱電機の掃除機を使ってアナウンサーがリング上を掃除するといった事もあったようです。

その後はビデオテープが普及をしていったことからビデオコマーシャルという宣伝方法と併用して生コマーシャルが使われるようになり、主婦向けのワイドショーなどで多く使用されるようになっていきました。

現在ではその主婦層のワイドショーの生コマーシャルの他にも、テレビ深夜枠でも実験的に生コマーシャルが行われていたことがあったり、スポーツの中継放送などの時にインターバル中にその中継先を利用した生コマーシャルを行なったりもしています。生コマーシャルは形態に様々に行われていますが、それぞれにおいて、これは○○のコマーシャルです、ということを表示しなければいけないということで、コマーシャルとわかる処置をしないといけないことが決められています。

現在の生コマーシャルの放送の主流はラジオで、番組内でパーソナリティによるトークでリスナーに商品を説明し紹介したりするというケースがほとんどです。基本的に保険関係が多くなってきていますが、飲料水や食品関係生活雑貨などもあって分野は広く取り入れられています。

このページの先頭へ

HOME > 通信販売のメリットやデメリット > 生コマーシャルとは